方針・ご挨拶 - 会長方針

名古屋ウエストライオンズクラブ
会長 平 憲治

スローガン

Go to the next stageー次のステージへ進みましょうー

目標

一、クール 名古屋ウエストライオンズクラブ
一、「例会 ファースト」
一、正会員80名以上(内、女性メンバー10名以上)
一、LCIF(ライオンズクラブ国際財団)MJF基金50口

活動内容

< 例会 >
  • ☆「同胞愛は、お互いに信頼して尊敬しながら生活し、協同し、食を分かち合うところに存在する」メルビン・ジョーンズ
    目標に「例会ファースト」をかかげた所以がここにあります。
    全メンバーが集結する「例会」にこだわって参ります。
    「We Serve」するパワーの源と考えます。
  • ☆「友愛」と「相互理解」のために、全メンバーのスピーチを計画
    互いにリスペクトする同胞が「We Serve」のために援け合う機会
  • ☆ 「糖尿病」「乳がん」「前立腺がん」を対象にした講演を行う。
< 主要アクティビティー >(全メンバーが参加するアクティビティ)
  • ☆「盲導犬育成」のための募金活動を行う。
    視覚障害者のよきパートナーとなる盲導犬を訓練し育成するための資金を獲得する活動です。
    ①全メンバーが自己計画のもと募金箱「ラブちゃん」を設置し、募金活動を行う。
     募金箱はすでにメンバーのもとにあり、募金活動中です。
     10月末ごろに募金箱を回収する計画でいます。
     募金箱「ラブちゃん」から1万円以上の募金を望んでいます。
    ②街頭にて広く募金活動を行う(名駅名鉄百貨店前にて)
     10月7日(日)、10月14日(日)、11月4日(日)、11月11日(日)
     メンバーの自主参加を望みます。

    ※視力関連事業(国際協会):目の不自由な方々が暮らしやすくする援助の一環
    「視覚障害者への援助は、1925年ヘレン・ケラー女史が盲人のための援助を訴えて以来、
     長年の間ライオンズにとって主要な奉仕活動である。

  • ☆新「LCIF$100献金」
< LCIF献金 MJF$1000基金50口 >(LCIFと国際協会はライオンズクラブの両輪)
① 大口
② 分割(積立)
③ 積立+寄付金
< 運営・事業委員会 >
☆各委員長が各々の計画実行にあたり、委員会メンバーの「友愛」と「相互理解」、
 チームとして円滑遂行できるよう、懇親会を一回は開いてください。
< 60周年記念委員会との連携 >
L堀田大会委員長
< 期間中の特別な行事 >
☆スペシャル オリンピックス 2018愛知
  2018年9月22日~24日
 塩見L、川崎L
  • アクティビティ報告
  • 例会報告
〒460-0003
名古屋市中区錦3-8-14 名電ビル4F
TEL
052-959-2880
FAX
052-959-2872

メールでのお問い合わせ

名古屋ウエストライオンズクラブ パンフレットダウンロード